日常(アメリカ)

アメリカ留学での教科書、売買をどうするか

アメリカ留学での教科書、どうしてますか?

 

  • Amazonやその他のサイトから購入・レンタル
  • 学校で購入・レンタル
  • 友達から貰う
  • etc…

 

方法はいくつかあっても、最善がどれかわからない…!

 

あるあるですよね。

 

出来るだけ使えそうな方法を下記にまとめてみました。

 

***

 

アメリカに留学する学生がまず真っ先に調べるべきもの、それは

Facebookのグループページ

 

まず第一に、

多くのアメリカの学校はFacebookのグループページがあることが多いです。

“学校の名前” + “textbook”

”学校の名前”+ ”book exchange”等

検索をかけて、出てきたら、購入したい教科書を売ってくれる同級生や先輩後輩を探して取引しましょう。

Facebookのグループでは、学校が提供している値段やウェブサイトの中古本よりも安いことが多いです。

 

 

グループページがなかった際に、ようやく

ウェブサイトの中古本を探ってみましょう

 

選択肢は色々あります。

王道は

  1. Chegg

  2. Amazon

 



 

ここでどちらを選ぶか?

です。

 

 

まず、第一に知っておいてほしい事。それは、

  1. Cheggは一定期間の間はいつでもキャンセル・返却・返金してもらえる
  2. Amazonも半数近くの本はキャンセル・返金可能
  3. どちらも大抵は(すべてではない)レンタルがある

そして

4. Amazonの本のキャンセルで、返金がされないことがある。

(すみません大きな声では言えないですが…結構経験した話なので…)

 

 

その理由が、

Cheggの場合、Cheggの企業そのものが本を提供しているので、発送の日付や輸送されている日付、到着予想日などしっかりオンライン上で記録されていくのですが、

Amazonの場合、半数は個人企業がアマゾンと提携しているだけで、Amazonがその購入したい本を管理しているわけではありません。

よって、色々、偽装があったり…何やら記載されているものと違ったり…色々あります…(大きな声で言えません…)

そして本題の教科書ですが、キャンセルして本を返却したところで、返金されるとは限りません。

というのも、返却したあと、到着の有無は、その個人企業が管理するので、企業が、受け取ってない!といえば、返金はないのです…。

(残念なことにじぇるぴこ、構内のアマゾンで返却したにも関わらず、コレを経験しました。。不思議です。。)

 

 

もちろん、Amazon上で高い評価を多く貰っている商品に関しては十分に信用する価値はあります。

 

Cheggよりも安い教科書を販売していることもあるので、

その時はアマゾンを選ぶ他にないでしょう!

 

 

ただ、じぇるぴこ個人の意見では、

 

まず、Facebookグループを探し、

そしてCheggの本を試してみるのがいいのでは、と思います。

(先ほども言ったように、やっぱりAmazonにしよっかな~となった場合、一定期間中は返金可なので試す価値ありなのです)

そして王道Amazonです。

 

 

ちなみに、

オンラインの教科書をCheggでレンタルすると、

印刷ができるので、よく書き込む学生さんは、

印刷して書き込んで、ノートを作る、

というのもありかもしれません(*^^*)

(実はじぇるぴこ、激安で済むのでこの方法で勉強してました)

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

参考になれば幸いです(*^^*)