経済学

財政の革新は経済発展の鍵になるか? Part1

★【 財政の革新は経済の発展の鍵になるかどうか 】★

です。

今回は「財政の革新は経済の発展のカギになるか?」というものですが、まず最初に、近年の財政は機械技術が発達していることもあり、今は新しくとも、日が経つ事に古い情報として扱われがちです。なので、現時点で、文献に基づいて考えていこうというものです。

 

「財政の革新」として、考えられるヒント:

  • micro-finance
  • digital finance
  • micro-insurance

 

まずは、ワードの意味から順番に理解していきましょう。

「革新」と言いましたが、英語ではinnovationですね。

新しい方法、くらいな感じで簡単に訳して理解しておきましょう。

 

そしてこの3つのワード:

micro-finance, digital-finance, & micro-insurance.

この3つについては下記の通り:

 

マイクロファイナンス(Micro-Finance):

貧困者向けの「小口(マイクロ)金融(ファイナンス)の総称。マイクロクレジット(小口融資)のほか、マイクロインシュアランス(小口保険)など、様々なサービスがある。

ここではマイクロファイナンス機関のことをMFIs(Microfinance Institutions)と呼ぶ。

Wikipedia (日本語)

 

デジタルファイナンス(Digital-Finance):

Digital finance is a powerful means to expand access beyond financial services to other sectors, including agriculture, transportation, water, health, education, and clean energy.

Digital Finance: Empowering the Poor via New Technologies – World Bank

 

It not only provides them with access to financing but also to electronic payment systems, secure financial products and a chance to build a financial history.

Digital Finance: Empowering the Poor via New Technologies – World Bank

 

マイクロインシュランス / 小口保険(Micro-Insurance):

マイクロインシュアランスとは一般的に、開発途上国の低所得者層向けに設計された、低価格・低コストで提供される保険を指す

マイクロインシュアランスへの期待と展開 池田香織

 

一般的に、通常の保険(conventional insurance)が入手困難な開発途上国の低所得者層向けに設計された、低価格・低コストで提供される保険を指す。対象となる顧客の所得レベルや保険料などに関する共通の基準は存在しない

マイクロインシュアランスへの期待と展開 池田香織

 

意義としてまず挙げられるのは、国の社会保障制度の補完手段としての役割である。これに加え、貧困削減手段、自然災害に対する金銭的準備としても注目されており、様々な国際機関等がマイクロインシュアランスの活用を始めている。

マイクロインシュアランスへの期待と展開 池田香織

 

基本的にこの3つのワードは、貧困国でよく使用される為、貧困層のファイナンスを語るに置いて外せないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.