経済学

Rise of the World’s Poorest Countries by Radeletの経済学ざっくりまとめ

じぇるぴこが勝手にRadelet文献のざっくりまとめてみました。

 

(本件では著作権法に従い、具体的な内容に興味のある方は、よろしければ直接

文献Rise of the World’s Poorest Countries

に目を通して頂くようにお願いしています)

 

これまでに起きた6つの進歩

  1. 貧困の減少
  2. 健康の改善
  3. 教育(特に女子)の増加
  4. 収入の増加
  5. 民主主義国の増加
  6. 闘争・戦争の減少

 

➡ この進歩の3つの要因

  1. 冷戦の終了&共産主義国の崩壊
  2. グローバル化&新しいテクノロジーの導入拡大
  3. 新しい(優秀な)リーダー達
  4. (経済支援)

 

今後3つの変化の可能性

  1. 健康、教育、収入、貧困、全面的に経済は改善していく
  2. 改善(発展)は停滞する
  3. 気候の変化、人口の増減、環境の悪化、戦争のせいで経済は悪化していく

 

では何をすればいいのか

  1. 自己の為だけではなく、発展の兆しがある途上国が国際的な環境を築く為に、経済と政治を強化する
  2. 裕福な国と貧困の国、共に新しい技術や革新へのある程度の投資が必要
  3. 更なる進化への主な原動力として、途上国のリーダーシップやその言動
  4. 公平な長期の発展には教育や健康、社会の安全網への重要な投資が必要

 

不可能という者も中にはいるが、Radelet個人の意見では、

これらの考えは現実的で、改善は不可能ではない。

 

 

さて、この文献を読んでみた方、それからこの要点を見てわかる通り、

Radeletは結果をまとめて、それについて今後を予測していて、

文献の傾向としては結構ニュートラルです。

 

ディベートなんかのProsやConsを使う時には、

この文献は導入部分(イントロ)としては最適かもしれませんね。

 

以上、ざっくりまとめでした(^_-)-☆