日常(アメリカ)

【2018】米国学生ビザの更新方法

私じぇるぴこは実際、年末年始にビザの更新をしました。

その時のエピソードも踏まえて更新方法をご紹介しようと思います。



1. 国を決める

一番近い隣国として、メキシコとカナダがありますが、
私は断然カナダをお勧めします。

理由その1.
アメリカからメキシコへ現時点でビザ手続きの為の送金・支払いができない。

(正し、2017年度、2016年度と、手続きが毎年変わってるようなので2019年度でまた変わる可能性は大です)

理由その2.

最初はメキシコでのビザ更新を考えていたので、銀行に何度も足を運びました。

しかしアメリカの銀行員は全くと言っていいほど全員メキシコを信用しておらずカナダの方がいい、と言っていました。

観光がてら数日いくならまだしも、ビザ更新で一度パスポートを完全に手渡ししなければなりませんから、かなり慎重になるべきなのもわかります。

とにかく、隣国の彼らがこういうのですから、おそらく私たち日本人が思うより治安が元から悪いのでしょう。。。

 

2. インターネットで個人登録、支払い、予約を取る

Online Nonimmigrant Visa Application (DS-160)でまず個人登録します。

1. ”Select a location where you will be applying for this visa”

場所を決めるのが一番大変かと思いますが、Google Mapでご自身が住む町からどの程度の距離なのか、また交通手段や宿泊場所と相談して決めましょう。

ちなみにじぇるぴこはバンクーバーを選びました。

2. ”START AN APPLICATION”

場所を決めたら赤い枠の”START AN APPLICATION”を押して個人登録を始めましょう。(^^♪

 

次に

Canada Official U.S. Department of State Visa Appointment Service

で面接のアポイントメントを取ります。

注意

※1 毎年のカレンダーにもよりますが、私の記憶ではだいたい27,28~3日あたりは休暇になるので、年末年始は外したほうがいいです。

※2 土日も休みです

 

余談

オンラインで提出する証明写真なのですが、背景が白っぽい(クリーム色でも可)色であればデジカメでも大丈夫です。

ただし、きれいに撮るのが重要になってきます。

背景の影や逆光には十分気を付けましょう。

 

また、実物の写真もそのデジカメ写真を印刷して持参すると思うのですが、サイズ変更が大変になると思います。

私はケチなので(笑)、スマホアプリで大雑把にプリクラのように6分割8分割してから、

FedEx印刷し、写真を切断する機械で、回りをガシガシ、しかし綺麗に切断して持参しました。

 

 

3. 宿泊場所と飛行機

こればかりはタイミングによりけりで、

学生ビザの場合更新期間が極力短めなようです。

私の場合、年末年始でも3日でパスポートを受け取ることができましたが、季節やタイミングの影響で、人によっては5日ほどかかるかもしれませんね。

 

4. 荷物準備

必須

パスポート

DS-2019

SEVIS

DS-160

証明写真

(提出しました。数枚あるといいと思います)

面接予約書

一応持って行っておくべき

銀行残高証明書

(私は持っていきましたが結局提出しませんでした。おそらく疑わしい・もしくは確認が必要だと判断された方はさらに提出させられるのかもしれません。)

自分の住所が書かれた郵便物等

(日本・アメリカ国際空港でも、DVSでも聞かれたりしますので、一応身分証明として持参しましょう。)

 

 

以上が、ビザ更新の出発前の準備に必要なプロセスです。