経済学

第一章 Planners versus Searchers / The White Man’s Burden by William Easterly

ウィリアムイースタリーのThe White Man’s Burden第一章 Planners versus Searchersのまとめ。

(本件では著作権法に従い、具体的な内容に興味のある方には、直接

書物The White Man’s Burdenに目を通して頂くようにお願いしています)

 

この本は基本的にジェフリーサックスが掲げている10億人の極貧層を極貧から救い出す方法について、意見を唱えています。

難しい議題であるぞ、というのはWhite Man’s Burdenとあるように、タイトルどおりかもしれません。

 

* * *

医学的には、マラリア(蚊による深刻な伝染病)の被害は防止できるという流行り病の話から始まります。

 

裕福層が娯楽として読むハリーポッターの本と、貧困層がその裏で受ける実態の例を使って、

金銭支援をしている国や人々がいかにPlannerであり、彼らが無駄足を踏んでいるかを解説する。

 

“Planner” プランナー

  • 簡単に技巧的に解決できる問題として考える
  • 責任のなさ
  • ジェフリーサックス
  • 世界銀行(WB)

VS

“Searchers” サーチャー

  • 小さな問題点にも焦点を置く
  • 何が可能か考える
  • 貧困層から話を聞いて解決策を見出す
  • 現地のコンディションを考えて行動
  • 過去の成功と失敗を学ぶ
  • 政治的、社会的、歴史的、経済的なものを考える
  • 責任感がある

 

➡ どう考え、何を参考にし、行動するかが要となる。

 

問題視されたもの:

蚊よけネット

無料か、補助金を出すか、普通に有料で販売するか

ザンビア:無料で受け取った70%の人が使用しなかった

 

フィードバックと責任の大事さ

行った事への反省の欠如は援助の欠如につながる。

=責任感の欠如

=プランナーにはこれが欠けている

 

 

 

私は目を通してませんが、日本語もあるそうなのでこちらからどうぞ。

傲慢な援助: